物流は、物が生産地から消費地へと輸送される様子を表した概念である。滞りの無い物の流れがあることによって、近代的な経済が形成されるようになった。輸送のためのコストはできるだけ抑えた方が、経済はよりスムーズになる。
そうした社会からの要請から、物流会社では、いかに早く安く物を運ぶことができるかに技術を高めてきた。物が運ばれる過程を効率化することによって、社会がこれからさらに発展するための基盤を形成している。

環境問題が社会の取り組むべき大きな課題になると、各分野で省エネルギーが求められるようになった。
物流業界で大きなエネルギー消費となるのは、荷物の輸送エネルギーである。特に運搬に用いるトラックが消費する燃料が、多大なエネルギー消費の元になっている。
そこで、物流の運搬に用いる必要があるトラックに対して、環境負荷の少ない水素や天然ガスなどの燃料で走行する動力に変えることによって、省エネルギーに貢献している。

2カ国以上の間で商品・貨物の取引を行う事を、貿易と呼ぶ。
貿易では、国内物流とはまた異なる手続き・制約が存在する。
法制度の違い、各国の経済状況など貿易には複雑な要素が絡み合っているからだ。
貿易をスムーズに安全に行うためには、通関業務が必須となる。

通関では、国際空港や国際港で国内に輸入された荷物の受け入れ、及び国外へ輸出される荷物を送り出すための手続き作業を行われている。
通関業務を専門の会社に依頼して行うのが、一般的である。
通関業務の流れについては、他のページで紹介している。

関連リンク

時間とコストの削減を重点においた物流加工がいいならこちら~クイック~

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031